言葉の大切さ

宣伝カーから流れてくる決まったセリフと音

サーバーのデータ

誰もが一度は焼き芋屋豆腐屋等の宣伝カーの音を聞いたことがあるはずです。のんびりとした声で焼き芋と宣伝カーのスピーカーから音をながしで近くに来ていることを告げます。宣伝カーの声に気付いた人が車を追いかけて止めて商品を購入するのは今見昔も変わらない風景です。昔は車ではなくリヤカーなどを引いて業者が移動していましたが現在は小型のワゴン車やトラックなどが主流です。車を利用して移動販売をする商品の数も増えており、宣伝カーの方も多種多様になっています。音を出さずに外観のペイントだけで宣伝をしている移動販売車はスーパーなどの駐車場の一角で商品を販売していることが多く、遠目にも目立つように派手な彩られています。

移動販売車の宣伝方法

派手な車で視覚にインパクトを与えて消費者の興味を引き商品を販売しています。スーパーなどが行う移動販売車はいつも同じ音楽を流すことで移動販売車が来ていることを住民に知らせています。テレビコマーシャルは広い範囲に宣伝をする方法ですが宣伝カーは一定の地域に絞って宣伝をしています。毎回同じ地域で商売をする移動販売車は決まったセリフや音を流さなければ住民には気づいてもらえなくなります。反復練習のように何度も繰り返すことでいつの間にか覚えてもらっているという状態を作り上げるのです。焼き芋屋や豆腐屋等がその例です。以前とは変わらぬトーンと音とセリフで移動販売車から音を流しているのです。宣伝カーの利用は地域密着型の宣伝方法として効果が高い方法です。